• X
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 35#
電話投票
35#

平塚競輪TOP湘南バンクレポート

湘南バンクレポート

2022.09.27

平塚法人会杯[FⅠ]を終えて

 

 

9月25日から始まったFⅠナイター開催『平塚法人会杯』。

初日からたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございました!

初日にはアイドルステージが開催されましたが、可愛いくて元気いっぱいのステージに車券に苦戦していた私は元気をもらいました💕
ファンサ(ファンサービス)で手を振ってくれたり、キュンポーズしてくれたりするとさらに嬉しいものですね!

心が癒されました。

 

さて最終日の今日白熱の決勝戦が2レース行われました。

まずはA 級決勝戦。
優勝したのは宮城の佐藤雅春選手でした!

佐藤選手は同県の阿部架惟都選手をマーク。レースは北日本勢が前受け、それを後方から上杉嘉槻選手が切り、そこを埼玉勢戸邉捺希選手が叩いて先行していきました。
打鐘で阿部選手も巻き返して3番手に収まりましたがなかなかしかけられずでした。
ジワジワと追い込んでいったその後ろから佐藤選手が外からかわしての優勝!


その差は微差。大接戦でしたね!

佐藤選手は今期2度目の優勝。前回に引き続き阿部選手とのワンツー決着です。
この2人好連携ですね〜!また次一緒の斡旋があったら狙いたいところです!

 

 

そしてS級決勝戦。優勝したのは地元の北井佑季選手!

S級初優勝を地元で見事決めました!

レースはとても激しかった!
落車もありましたが、各選手が力を出し切るレースでした。

ラインは北井選手の神奈川2車ラインと優勝候補と言われた新田祐大選手の北日本3車、そして単騎が2名という構成でした。
単騎になった千葉の徹底先行野口裕史選手ですが、単騎でも残り2周から持ち味を活かす先行勝負に出ていきました。この後ろを内に北井選手、外に新田選手で取り合う展開に。互いに譲らず、また野口選手の先行も強く、レースは競り合いが長く続きました。
外にいた新田選手が最終バックから野口選手を捲りに行き、北井選手はそれに反応して続き、最後のゴール前で新田選手を交わして初優勝を決めました!

 

 

表彰式では平塚恒例のシャンパンファイトも行われました。

北井選手は真面目にひたむきに競輪に向き合い、また競輪選手としての「責任」というのをとても感じている選手という印象で、いつも落ち着いている方だと思っていたので、少し辿々しくシャンパンファイトの準備をする姿は新鮮でした(笑

ちらっと見せちゃう(笑)

今後の目標はGⅢの優勝とインタビューでは話されていました。北井選手の更なる活躍をぜひお見逃しなく!!!

🍾北井選手の優勝インタビューはこちら🍾

 

また、最終日の選手コメントもぜひ読んでみてください
野口選手の走りの理由も載っていますよ~
☆最終日選手コメントはこちら☆

 

 

次回平塚競輪はまたすぐに開催を予定しています。

10月6日から3日間にわたってFⅡナイター『オッズパーク杯』が行われます。
A級1・2班、チャレンジ、そしてガールズケイリンも開催されます。

10月からガールズケイリン選手たちのはくレーサーパンツの色が変わります。
黒を基調にサイドはカラーのグラデーションがかかったデザイン。
先日の共同通信社杯で行われたティアラカップで先行着用されたものです。

6月には平塚でオールガールズの開催も行われましたが、ガールズケイリン10周年、様々な変化が起こっていますね。
ガールズケイリングランプリの開催日も変更になりました

平塚競輪場で、「変化」そして「進化」を続けるガールズケイリンの姿を見にきてください♪

詳しくはこちらも☑

ガールズケイリン リブランディング第1弾について

新レーサーパンツのデザインを発表しました!

 

 

次回の平塚競輪もお楽しみに!

 

 

🌸さくら🌸