• Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 35#
電話投票
35#

2022.02.21

チャリロト杯[FⅡ]を終えて

平塚競輪FⅡデイレース『チャリロト杯』3日間の開催が終了しました。

今節の注目はなんと言っても特別昇班しA級1・2班戦初戦だった中野慎詞選手。
3日間強いレースで危なげなく、完全優勝を決めました👏👏

対戦相手となった静岡の齋藤友幸選手も捲りでも積極的な仕掛けでも押し切って強いレースを見せていました。連勝で勝ち上がる調子の良さ、どれだけ中野選手を苦しめられるのかな?と注目していましたが、中野選手、落ち着いていましたね。

ラインの番手、3番手まで引き連れて巻き返し、逃げる斎藤選手を一飲みしてゴールまで押し切りました!

🌟中野選手の優勝インタビューはこちら🌟

特昇後1場所目もしっかり完全優勝。まだ次の斡旋はでていませんが、待ち遠しいです。
この勢いでA級戦も通過点かもしれませんね。中野選手の快進撃をこれからも楽しみにしたいです!

 

 

そしてガールズ決勝戦、優勝したのは東京の梅川風子選手でした。

久しぶりのガールズケイリン参戦でしたが、しっかり強さを見せつけてくれました。

決勝戦は地元の佐藤亜貴子選手が前をとりそのまま先行となりました。尾崎選手は2番手につけて梅川選手の仕掛けを警戒しながら先捲りを打ったのですが、梅川選手のスピードが勝りました。

 

優勝インタビューでは「グランプリを狙っていきたい」というコメントもありました。競技との両立で走る回数が少ないからこそ、与えられたチャンスをしっかりものにする。そんな思いを感じました。
今年のグランプリは平塚競輪!楽しみですね!

🌟梅川選手の優勝インタビューはこちら🌟

 

A級1・2班戦、そしてガールズケイリンと、共に次のパリオリンピックを目指すナショナルチームの選手が力の違いを見せたレースとなりました。そんな世界と戦うために日々苦しい練習を重ねている選手たちの走りを間近で見ることができてワクワクした3日間でした。

気が早いのは重々承知ですが、この開催の思い出話なんかしながら、世界で戦う二人を見られたらいいですよね♡

 

 

 

 

またチャレンジ決勝戦は静岡の小川達也選手の完全優勝となりました。

近況連続して決勝戦に勝ち上がっていた小川選手。予選から自力で勝ち上がり、決勝は同県の深瀬泰我選手の番手でした。

別線の駒井大輔選手の追い上げもありましたが、それもしのいで深瀬選手のしかけをしっかりとらえての完全優勝を決めました!
ずっと調子を落としている印象で今年A級チャレンジ降班となりましたが、久しぶりの優勝(2017年10月弥彦1・2班戦以来)。

ここから再び上のクラスへの復活劇期待したいですね!

 

また、小川選手はじめ、最終日のレース後コメントもアップされているのでそちらもチェックしてみてください。

🌼最終日選手コメントはこちら🌼

 

 

 

 

2月2開催続きましたが、ご来場いただいたみなさま、平塚競輪を楽しんでくれたみなさまありがとうございました!

次回は2021年度最後の開催3月7日から3日間FⅠデイレース『ジャパンカップ×HPCJC』です。

豪華メンバー、そして次開催もガールズケイリンが行われます。春が近づくあたたかな気候になってるといいなあ…🌸

花粉症の方は対策忘れずに!

 

ぜひ次回の平塚競輪も楽しみにしていてください!