• Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 # 35
電話投票
#35

2021.02.07

湘南ローズカップ戸川杯[FⅠ]を終えて

みなさんこんばんは!
2月5日から始まったFⅠデイレース「湘南ローズカップ戸川杯」。
前回に続き無観客での開催となりましたが、たくさんのご投票、そして応援ありがとうございました!

 

最終日の今日は2つの決勝戦が行われました。
A級決勝戦、優勝したのは地元ホームバンク松坂侑亮選手!地元開催連覇です!!!

レースは1番車で前受から、S級降級組の伊東翔貴選手の主導権、小林令選手が中団。
松坂選手は打鐘のタイミングで引いて6番手。
絶対絶命かと思いきや、1センターからじわじわと捲りをうち、最後ゴール前で伊東選手を交わして地元優勝を勝ち取りました!

東スポさんの記事(→こちら)にも上がっていましたが、きっと色んな思いを持っての出場だったと思います。
競輪選手として一番のファンだったおじいちゃんの応援に応える地元での優勝。
後方に置かれ苦しい展開から、前の牽制を乗り越え踏み勝ったあのゴール前。優勝への強い強い気持ちを感じました。

お兄さんの松坂洋平選手もケガからの復帰に向けて頑張っているところです。
復帰戦は川崎のGⅠ全日本選抜を予定。弟侑亮選手の優勝が兄へのエールとなり、洋平選手の走りに繋がっていくことを期待したいです!

 

そしてS級戦は今節を象徴するような競りの嵐!
先行一車となった青森の小原佑太選手の後ろが3車で主張。同地区の菅田壱道選手、そして茨城の河野通孝選手、静岡の岡村潤選手での競りとなりました。
また菅田選手の後ろでも。東北3番手を固める竹内智彦選手と、初日も菅田選手の番手を主張した福岡の大坪功一選手での競りとなりました。
レースは道中から競り!競り!競り!入れ替わり立ち替わり小原選手の番手を主張し合います。
そして打鐘のタイミングで小原選手が仕掛けた瞬間。追った菅田選手を外から河野選手が内へ締めて番手を奪います。踏みおくれた菅田選手ももう一度追い上げ取り返しにいくのですが、取り返せず後退。
また菅田選手の後ろを守り切っていた竹内選手もそのに続いていたのですが、岡村選手がもう一度インからすくって3番手を奪い、小原選手、河野選手、岡村選手でワンツースリーが決まりました!
今節は落車もあったので、ヒヤヒヤしながら競る3人を見ていましたが、さすがですね。
3人での競りというめったにないレースでもぶつかり合い、激しい見ごたえのあるレースを見せてくれました。

優勝した小原選手。S級2度目の優勝です!

自分でレースを優位につくれる立場ながら、1周半力駆けて押し切りました。
ヤンググランプリでも積極的な走りを見せてくれた小原選手ですが、再びのこの平塚で風を切る力強い走りを見せてくれました!

 

平塚競輪次回の開催は3月13日。
今年度最後の開催は2年連続で平塚競輪のイメージキャラクターを務めた東京パフォーマンスドールさんの冠がついた
『東京パフォーマンスドール杯』です。
ガールズケイリンのレースもあるFⅡ戦。ぜひ楽しみにしていてください!

緊急事態宣言を受け、3月7日まで無観客開催、場外発売中止となっている平塚競輪ですが、次開催についての詳細はホームページやSNSでお知らせがあると思うのでお待ちくださいませ。

前検日に春一番が吹き、日に日にあたたかくなった今開催。
もうダウンコートでは暑いくらいの気持ちの良い気候でした。
早くみなさんと平塚競輪でお会いしたいです!
そんな日を楽しみに日々元気に体調に気を付けて過ごしていきたいと思います。

それではまた次回の平塚競輪をお楽しみに☆