• Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 # 35
電話投票
#35

2020.09.27

湘南しらす 丸八丸杯[FⅠ]前検日取材

みなさんこんにちは!木三原さくらです。
久しぶりの平塚競輪、明日からは『湘南しらす丸八丸杯』が始まります!
ガールズケイリンとS級戦が行われる今開催のレースプログラム。好メンバーが平塚に集まりました!

地元選手、そしてガールズの注目選手を今回はご紹介します!

なんと言っても地元のこの方を紹介しないわけにはいきません。

♥88期 桐山敬太郎選手♥


6月の西武園での落車から復帰はしたもののまだ本調子とはいかない桐山選手。
それでも前回の向日町では自力で動いての競走を見せていました。
「ケガが思ったより長引いてしまって、それを気にせず練習に打ち込めるようになったのはまだほんの最近。9車とか7車とかも色々考えずにとにかくやれることをやっていかないと」
と話してくれました。

そんな桐山選手、明日は番手を回ります。
前を回っていくのは

♥107期 菅原大也選手♥


今年からS級に昇級した菅原選手ですが、直近のバック本数14回と、S級でもその積極的な競走で存在感を見せています。
どんなことを意識しているのか聞いてみると、
「腹くくって徹底先行でやっていこうって決めました!」と気持ちのいい返答が。
「今までだったら(ペースを)ゆるめたいなと思っていたところも今は迷わず踏もうと思って走っています。その方が結果に繋がっていることも多いので、しっかり駆けていきたいですね」とのこと。
明日は地元の先輩桐山選手との初連携です。
「桐山さんのレース見ていると、先行もあるし自力で動いているので、任せてもらえるならそれ以上のことをやりたいですね」
と話してくれました。
菅原大也選手の行きっぷりに注目です!

その3番手を固めていくのは

♥93期 上野真吾選手♥


自分で動くこともラインの後ろを回っていくことも何でもできる上野選手ですが、近況のご自身のタテ脚には納得いってない様子。
「色々試しているんですけど、自転車の進みが良くないんですよね。そこを修正できればいいんですが。明日は前が積極的に頑張ってくれると思うからあとは自分がやれるかどうかですね」と話してくれました。

3人は明日の7Rに出場します。
発走予定時刻は18:40です。

そしてもう一人

♥111期 川越勇星選手♥


菅原選手同様、今年からS級にあがった川越選手。ただ、落車やケガもあり苦しい1年を送っています。
「落車もあって思っていたより全然S級戦を走れてないですね。だからまだ慣れたとかも言えない。調子としては前回の小田原より良くなってます。ちょっとずつだけど良くなってきてると思うので、ここからまた頑張りたいです」と話してくれました。
地元で調子を上げるきっかけをつかんでほしいですね!

川越選手は3Rに出場します。
発走予定時刻は16:05です。




続いてはガールズ選手をPICKUP☆
ガールズケイリンも年末の平塚で行われるガールズケイリングランプリに向けて熾烈な争いが行われています。

現在賞金ランキング4位の梅川風子選手

今年になって確定板を外したのは福井のガルコレと7月のいわき平決勝戦の2回のみ。安定感、そして圧倒的な強さを見せています。しかしご自身ではまだまだ納得はいっていないようでした。
「賞金順位?意識はしちゃいますね。落ちないようにしなきゃと考えたりもします。安心はしていないです。結果的に勝ったレースでも内容がダメなときがあるんです。そこはもっとちゃんとしていかないとと思っています。ナショナルチームにはいったけど、やっている練習は今までとそんなに変わりません。これから世界で戦っていくためには脚力だけじゃないところをもっと身に着けたいです。だから内容もしっかり求めた走りをしていきたいですね」
と話してくれました。

つづいては
賞金ランキング6位の石井寛子選手です。

石井選手にも賞金ランキングは意識しますか?と聞いてみました。すると、
「シビアな質問ですね、答えるのが難しい(苦笑)」
と困らせてしまいました。現在5位から10位は800万円代に6人がいる僅差の戦い。一瞬たりとも気を抜けない状況です。
レース巧者の石井選手にどんなことを考えながらレースに挑むのか聞いてみると、
「対戦相手6人全員の走りをイメージしてます。だから過去のレース見て研究したりもしますね。自力選手だけじゃなくて全体を見たいですね。6人のイメージが思っていたようになったときはだいたい1着がとれてる気がします」
と教えてくれました。
明日のレースがどうなるか、石井選手がどうイメージしてどうレースを組み立てるのか注目です!


そして新人118期も選手も2名。
福島の太 友花(フトユウカ)選手

デビューして数か月。まだ競走には慣れず苦戦している様子の太選手。
いわきをイメージしたオリジナルのウェアを着用してました!
デザインかわいいですよね♡
トップ選手との闘いは楽ではないですが、それでも1戦1戦頑張ってほしいですね。

神奈川の中村 美那(ナカムラミナ)選手

同県の高木佑真選手と楽しそうに前検入りです。
普段も一緒に練習している二人。練習仲間と共にその成果を発揮してほしいところです!




一気に秋めいてナイター競輪観戦が気持ちのいい季節ですね!
お休みの方もお仕事終わりの方もぜひ平塚ナイターをにお楽しみください♡