• Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 # 35
電話投票
#35

2022.05.10

チャリロト杯[FⅠ]前検日取材

 

みなさんこんにちは!

4月に行われた平塚競輪開設72周年記念湘南ダービーから1か月。久しぶりの本場開催となりました!

今開催はFⅠナイター『チャリロト杯』です。

S級戦は東日本の選手たちが、A級戦は近畿地区の選手までが平塚競輪に集まりました。

 

まずは地元選手からチェックしていきましょう~

 

2Rに登場するのは
♥87期 川田 忍選手♥

3月4月と3場所走った月が続き、5月も今回ですでに2場所目とレースが続いている川田選手。
「中4日とかでレースが続いているから練習はあまりできてはいないけど、状態は悪くないよ。この後は久しぶりにレースが空く予定だからそこで少し休めたら。
その前の地元戦だからしっかり勝ち上がりたい。自在なレースもちょこちょこあるけど、まずは自力で頑張ります」

2Rは15:57発走予定となっています。

 

 

4Rには
♥98期 植木和広選手♥

前回地元を走ったときはケガからの復帰2場所目でした。その時は絶好調ではない中でも1着4着1着と地元での気合の走りを見せてくれていました。
「あの時よりも状態は良くなってきているし、タテ脚も戻ってきているよ。前回久しぶりに決勝にも乗れたし、連続で地元でも決勝乗りたいね。」
明日は大阪の仲野結音(ナカノ ユウト)選手の番手を回っていきます。
「まさか近畿の先行選手の後ろを回れるとはびっくりだね。仲野くんと連携したかった他の西の選手たちに怒られないようにしっかりマークして頑張りたい」

植木選手が走る4Rは16:47発走予定です。

 

 

S級戦7Rには地元選手2名出場!
♥85期 加藤圭一選手♥

前走の青森GⅢで今年初勝利を決めた加藤選手。
「やっと今年初勝利だよ~。状態は悪くないんだけど、なかなか結果にはつながっていかないね。やばいよ、歳かなあ」とぼやき。
先日5月6日に誕生日を迎え44歳となった加藤選手ですが、平塚にはまだまだ先輩もいますし、頑張ってもらいたいとことです!

 

そしてその後ろは復帰戦となった
♥90期 小菅 誠選手♥

1月の落車から地元で復帰する小菅選手です。
「落車で鎖骨と肋骨を折っちゃって。鎖骨はすぐに手術して治りは早かったんだけど、肋骨が・・・5本で10カ所前と後ろで折れてたので、最初は寝ることもままならなくて辛かったですね。」
肋骨は自然にくっつくのを待つしかない分、もどかしい思いもあったようです。
「本当ならもっと早く復帰したかったけど、時間がかかってしまいました。地元で復帰戦だし、前も練習を一緒にしている先輩、先頭を回る山本選手も頼りになるし、3番手しっかりついていってチャンスを掴めるように頑張りたいです」

7Rは18:04が発走予定となっています。

 

 

9Rは長期欠場から復帰3場所目の
♥69期 眞原健一選手♥

「練習中の落車で大腿骨を骨折しちゃったんだよね。スピードもでてないし、激しく落ちたわけでもなかったんだけど。復帰して徐々に感覚はよくなってきています。前の加速のタイミングを逃がさずにしっかりついていって勝負していきたいね。今期は厳しいけど、来期に向けてまたS級点をとれるように頑張っていきたい。」

9Rは18:56発走予定となっています。

 

 

そして11Rには
♥111期 川越勇星選手♥

落車欠場から前回の武雄GⅢで復帰した川越選手。
「1走走って感覚としては前より良くなってきています。ただ、実は武雄終わって自転車をこっちに送ったらハードケースごとどっかいっちゃったんですよ」
とまさかの出来事が。
「探してもらったけど見つからなくて全部なくなっちゃったんで、練習用の自転車を競走用にして組みました。感じはいいので練習と同じ感覚で踏んでいければ」
ショックなできごとであるはずなのに、いつもの笑顔で笑い話に変えて話してくれた川越選手。
失った分、たくさん得て(稼いで)頑張ってほしいです!

川越選手が走る11Rは19:54発走予定となっています。

 

 

 

 

 

さて、5月になって121期、122期の新人選手たちがデビューを果たし、ルーキーシリーズが始まりました。
競輪選手養成所の応募条件が変わって、高校卒業を待たずして入所できるようになり、早いと18歳で選手デビューすることが可能に。
もちろん定年はありません。強ければ何歳になっても現役でいられます。今シリーズはそんなベテラン選手たちも出場しています!

 

5RA級初日特選には青森の高谷雅彦選手

50歳でまだまだ自力もある高谷選手。支部長としての公務もあり、先日行われていた日本選手権競輪では現地にずっといたそうです。ダービーでの公務で疲れはないですかと尋ねてみると
「疲れてるって言って誰かがどうにかしてくれる世界じゃないからね。疲れたって言ったらむしろ敵に狙われちゃう。だから疲れたなんて言わないよ。今回斡旋された選手の中にはダービーで誘導してた選手もいるし、イベントを手伝ってた選手もいるし、みんな同じだからね。それにそんな風に公務もあった後に、捲って勝ったらかっこいいでしょ?それを狙ってるよ」とニヤリ。
お話を聞いててしびれましたね。かっこよすぎです!
明日の単騎戦、一撃期待です!

 

12RのS級初日特選には栃木の神山雄一郎選手が。

連携する山岸佳太選手が『一番元気なんじゃないかな?』と話すくらい、検車でもパワフルなオーラをまとい、そして歩くのが早い!
「1番元気?そんなこともないし普通だよ(笑)。平塚も山岸も何度も走って相性もいいから明日は楽しみだね」
レジェンドと言われる神山選手。現在通算893勝。900勝という数字も見えてきています。

トップクラスで走り競輪界を引っ張ってきた、そんな選手の走りを生で間近でぜひご覧くださいね!

 

 

 

5R初日特選の東京大矢崇弘選手

「玉野ミッドはめちゃめちゃ調子が良かったんですが、ミッドだったせいか疲れが後まで残っていたみたいで少し思ったレースができなかったですね。A級ではしっかり自力で勝てるように意識して走っています。そうじゃないとS級で通用しないので。来期はS級なのでそれまでにもっと力つけて頑張りたいです」

 

12RS級初日特選神奈川の堀内俊介選手

「直前も平塚のバンクで練習しました。覚はないけど落車が尾を引いているのか、なかなか絶好調という状態に持っていけてないですね。原因は分からないけど、悩んでもしかたないのでまずは自力で力出し切る競走をしたいです。」

 

その堀内選手と同期同級生の茨城山岸佳太選手

「成績はまとまってきたけど、欲を言えばもう少し、末脚や踏み出したときのトップスピードがほしいですね。練習は弟子もいるから一緒にやってきました。同期同級生でイケメンの堀内には負けたくないな(笑)。
今日(前検の朝)5時から末っ子の息子が起きて僕の膝の上にのってきたんです。動けないから一緒に今回のメンバーのレースリプレイを一緒に見てました。未来の選手?甘えん坊だからどうですかね(笑)」

 

 

 

 

 

 

 

さて今開催からナイター開催となった平塚競輪。バンク内のイルミネーションは選手からも好評で、テンションが上がるというお話を聞きます。
そんなバンク内の照明たちがさらにパワーアップしたという情報を聞きました。
私もまだ見ていないので楽しみです!

どこから見ても楽しめるそうですが、高いところからだとその全景が良く見えるようですよ~🌟
この機会にメインスタンドの特別観覧席やロイヤルルームをご利用してみてはいかがでしょう?

メインスタンド有料席についてはこちら

 

そしてさらには最終日のレース後に花火も打ちあがる予定とか。

より一層華やかになった平塚競輪で行われる「チャリロト杯」。最終日最終レース、最後までぜひお楽しみください!