• Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 # 35
電話投票
#35

2021.01.30

クルマくる~杯・ガールズコレクショントライアル[FⅡ]を終えて

みなさんこんにちは!
2021年最初の平塚競輪本場開催『クルマくる~杯・ガールズケイリンコレクショントライアル』
3日間の激戦が終了しました。

無観客開催で行われましたが、たくさんのご投票ありがとうございました。

 

冷たい雨の降る中で行われた初日、二日目にはA級1・2班戦で落車もあり3連単3連複が不成立となったり、ガルコレトライアルも2レースの内1つは3連単で万車券がでるなど、波乱が多かった今開催。
最終日の今日はA級戦は5車立てレースが3つ、6車立てレースが1つということになってしまいました。
発走機に並ぶ選手を見ていると少し寂しい気持ちもありますが、それでも競りのレースがあったり、追込み選手の自力が見られたりと、選手たちの全力の戦いを見ることができました。

 

今節は決勝戦が3つ。
まずはチャレンジ決勝。
優勝したのは静岡の仁藤秀選手でした!
同期の水森湧太選手との2分戦。仁藤選手は前受から一度引き、打鐘2センターあたりから仕掛けて一気に前に立ちました。そして押し切り!逃げ切って完全優勝を決めました!水森選手は前回完全優勝、そして今回も連勝で勝ち上がっていて、最後の直線迫ったのですが、2着まで。連勝ストップとなりました。

そしてA級決勝戦。
東京の鈴木輝大選手がA級1・2班戦初優勝を完全優勝で決めました!

準決勝戦は波乱もあり、関東勢が多く勝ち上がったこの決勝。
先行は茨城の吉田元輝選手でした。鈴木選手は4番手から一気に仕掛けて吉田選手をひと捲り!その鈴木選手とは埼玉の土屋壮登選手が連系を組んでいたのですが、単騎だった宮城の三浦雄大選手が土屋選手から位置を奪って鈴木選手をマークし2着に入りました。

 

 

そしてガールズケイリンコレクショントライアル決勝戦。
優勝は地元の尾崎睦選手。2度目の地元優勝です!!!!

勝ち上がった7名の内、調子がよさそうに見えたのは神奈川の永塚祐子選手と高知の山原さくら選手でした。永塚選手は2日間逃げて確定板に乗り、山原選手は力強い捲りで連勝で決勝に駒を進めました。
一方で、先行順位で余裕があった尾崎選手と鈴木美教選手ですが、両者とも思ったようなレースができていないという感じでした。

レースは永塚選手が前をとり、その後ろに尾崎選手が位置づけました。そしてそのまま打鐘で永塚選手が先行態勢。
そこをホームで一気に仕掛けたのは山原選手。そこに中川選手も続いていたのですが、永塚選手の番手から尾崎選手がスイッチして山原選手をマーク。
最後の直線尾崎選手が外を伸び、山原選手を交わして優勝!レース後はガッツポーズも見ることができましたね!
2着は写真判定となりました。仕掛けた山原選手と尾崎選手の後ろに追い上げていた荒牧聖未選手。結果は微差で荒牧選手が2着。ガールズケイリンコレクションへの出場権を獲得しました!

 

 
2021年最初の開催が終わって、平塚競輪次開催はすぐ!
2月5日から3日間FⅠデイレース「湘南ローズカップ戸川杯」が開催されます!
F1戦、記念並みに豪華メンバーが集まりますよ~。

次開催も無観客開催となりますので、本場でお楽しみいただけないのは残念ですが、画面越しでも伝わってくる白熱のレースをぜひお楽しみください♪