• Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 # 35
電話投票
#35

2021.07.30

オッズパーク杯[FⅡ]を終えて

7月27日から始まったFⅡナイターオッズパーク杯。
連日少し風はありましたが、いいお天気に恵まれました!

 

最終日決勝戦3つを振り返っていきましょう♪

何と言ってもチャレンジ決勝。

連勝で勝ち上がってきた選手が2名いました!
地元平塚所属の北井佑季選手と福島の窪木一茂選手です。
両者ともに前回も完全優勝。今回優勝すれば2場所連続となり、次回が特別昇班のチャンスとなります。

インターネット放送にはコメントで「特進できそうな新人選手はなるべく3開催は対戦しないようにしてあげてほしい」と来ていたのを見かけましたが、私個人としても本当にそう思いました。
斡旋についての批判などではなく、純粋にどちらの優勝も見たいし応援したいファンの心情はよくわかります!
窪木選手は自転車競技のトップ選手だから負けなしで特進していくのを見たいし、地元の北井選手が地元で完全優勝も見たい!

どちらの選手にも頑張ってほしいと思うと、同着優勝しかないのかな、なんて非現実的な妄想までしてしまいました。

レースは残り2周手前から動きます。

後方にいた愛知の疋田力也選手が中段の北井選手をおさえにいったところ、北井選手がすかさず引いて上昇。そして打鐘めがけて一気に仕掛けていきました!

その仕掛けに3番手の疋田選手、4番手の山田選手それぞれが少し前と車間が開いてしまい、窪木選手は縦長の後方5番手。

グングン逃げる北井選手に対して窪木選手は残り1周の2コーナーから捲りをうち、どんどん迫っていきます。

バックではまだこれだけの車間がありましたが、その差を一気につめて直線で北井選手をとらえての優勝となりました!

窪木選手2場所連続の完全優勝。
次回8月3日からの弥彦で特別昇班をかけたレースとなります。楽しみですね!

また2着でしたが、地元の北井選手も3日間力強い走りを見せてくれました。
ラインをつれていく先行、カッコよかったですね!

次回8月18日から函館!応援したいです!!

 

そして11Rにはガールズ決勝戦。

優勝は佐藤水菜選手!佐藤選手も完全優勝でした。

逃げたのは同県の高木佑真選手、その後ろにつけた福岡の尾方真生選手が番手から捲りをうったのですが、佐藤選手はその外から越えていきました!

佐藤選手をマークしていた小林莉子選手が食らいついていったのですが、最終的には3車身引き離しての1着ゴール。

圧巻!圧勝!圧倒的強さ!

佐藤選手の優勝インタビューはYouTubeにアップされているのでぜひチェックしてください✨
🌟佐藤水菜選手優勝インタビュー🌟
 

前検日にお会いすると昔と変わらずつい「水菜ちゃん」と声をかけてしまうのです。記者さんとも話していたのですが、どれだけ強くなっても、佐藤選手の明るくて気さくなキャラクターは変わらないです。でもレースを見ると本当に強くてかっこいい!そのギャップがまた魅力ですね😻

次回はいわき平オールスターのアルテミス賞!
ビッグレースでも変わらない”サトミナ”の力強い走りに期待したいです!

 

そして最終レースA級決勝戦。

優勝は和歌山の貴志修己選手。貴志選手も完全優勝でした!!

レースも文句なしの強さでしたね。

前受けから残り2周でおさえにきた廣田選手をつっぱり、そのまま先行。マイペースに持ち込み捲りを許さずゴールまで逃げ切りました!

ゴール前、番手を回っていた武田哲二選手の追い込みもドキドキしましたね!

25歳の貴志選手と50歳武田選手、ダブルスコアの年の差でのゴール争いは大興奮!
年齢差があってもチャンスがあり、こういう戦いが見れる競輪の魅力の一つですね。

貴志選手の優勝インタビューもぜひ見てみてください♪
🌟貴志修己選手優勝インタビュー🌟
 

 

 

平塚競輪次回は8月19日からFⅡナイター「湘南クリーンサイクル杯」です。

地元からは川越勇星選手や三ツ井武選手、そしてルーキー塚本瑠羽選手などが出場予定です。
オールスター競輪から中3日。GⅠの興奮をそのままに、平塚競輪で一緒に盛り上がりましょう✨

来月の平塚競輪もお楽しみに~💕