• Twitter
  • YouTube
  • LINE
  • Instagram
湘南バンク 平塚競輪
文字の大きさ
電話投票番号 # 35
電話投票
#35

平塚競輪TOP開催情報選手コメント

選手コメント

令和3年9月17日(金)~9月19日(日)

楽天ケイドリームス杯(無観客開催)

令和3年9月19日(日)

12R A級決勝 佐々木眞也選手 神奈川 1着

(三場所連続完全優勝決めて)S級特進決められて嬉しいです。ここまで来たら悔いが残らないように力を出し切ろうと思っていました。以前平塚の決勝で落車したりもあったけど、こうやって勝てたのは嬉しいですね。結果出せたのはラインの皆さんや、練習仲間の松谷秀幸さん、兄の龍、弟の和紀、そして師匠の父(達也)のおかげですし、いつも応援して下さるファンの皆さんのおかげですね。これからS級の舞台で戦うのは楽しみだし、もっと力を付けて頑張りたいと思います。

12R A級決勝 佐藤学選手 栃木 2着

高橋君が良く頑張ってくれました。でも、勝った佐々木君が強かったし、あの勝ち方されては仕方ないですね。もっと何かしてあげられたらと思ったけど…。今回は連日結果はまずまず良かったけど、まだ良いとは言えないですね。もう少し道中でラクに回れればもう少しやれたと思いますし。もう少し状態を上げられるようにしたいですね。

11R A級チ決勝 菅野航基選手 宮城 1着

初優勝が完全で決められたのは良かったです。でも、力というよりは展開が向いてくれたのが大きいですね。橋本さんがあんなに行くとは思わなくて、併せ切って出たかったけど向こうのスピードが上でした。番手が離れたから入れたけど、すんなり続いていたらどうだったか。でも結果は結果なので、これをキッカケにまた頑張りたいです。同県の上遠野さんや木村君は強くて良いレースをしているし、三人で切磋琢磨しながらみんなで強くなっていきたいです。

11R A級チ決勝 塚本瑠羽選手 神奈川 2着

橋本さんがあんな感じで行くと思わなかったし、番手に菅野君が入って番手捲りを打って二段駆けみたいなレースになっちゃいましたからね…。それでも行けるくらいの力があれば良いのですが。あれだとどうしようもないですね。川崎が中止になってしまったけど、でもすぐに練習ができたので初日、二日目と悪くなかったし、今日も出し切れれば良い勝負ができると思ってました。結果は仕方ないので、また気持ちを切り替えて頑張ります。

11R A級チ決勝 橋本壮史選手 茨城 5着

緩んだら絶対に行こうと思っていたので、仕掛けたタイミングは良かったと思います。でも、斉藤さんに悪いことしましたね。後ろに菅野君が入ってしまったし、仕方ないです。同期の二人が相手だったから主導権取るつもりだったし、それができたのは良かったですけど。まだまだ力が足りないですね。また練習して頑張ってきます。

10R A級特別選抜 鈴木謙二選手 東京 2着

水森君との作戦は先行って事で考えていました。良い位置が取れたので、二人で決まるチャンスだったんですけどね(苦笑)。あれっ?行かないのって感じで。内に浦崎さんさんが入っていたし、外しかないと思って踏んだら二着まででした。初日みたいに勝てれば良いけど、準決勝は佐々木君にやられたし、彼が強かったです。自分自身は連日車番が悪い中でもよく頑張っているでしょう(苦笑)。

10R A級特別選抜 水森湧太選手 東京 3着

本当は先行するつもりだったんですよ。でも、下手に良い位置が取れてしまい、タイミングを逃がしました。器用にやれるのが自分の良さだとは思うけど、勝ちを意識して出し切れないで終わるのは勿体無いし悔しいですよ。それよりは結果は別にして、ちゃんと出し切るレースをしようと思いました。そうすれば結果も自然と付いてくるでしょうし、この反省をこの先に生かさないと。

09R A級特別選抜 引地正人選手 秋田 2着

小橋さんはさすがですね。迷惑をずっとかけていたので、今日こそは何とかしたいと思ってました。仕掛けたタイミングは良かったと思うし、あれで合わされれば仕方ない、行けるだけ行こうと思っていたのでちゃんと出切れて良かったです。前回ここに来たときは準優勝だったし、平塚はいつも良かったんですよ。あれでS級も取れたみたいだったので。昨日も大洞君の仕事がうまかっただけで、脚的には悪くなかった。これを続けられるかどうかなんですよね。

08R A級特別選抜 日当泰之選手 青森 1着

河野さんに叩かれたら仕方ないと思っていたけど、まずは安藤君がどう出るかだったので。もう少し早く仕掛けると思ったけど、そんな感じがしなかったので、もう行こうと。後ろの坂口さんは援護してくれるので信頼してました。打鐘前に安藤君が来たら考えたけど、あの距離でしたら自分の距離ですし。今日は良いレースができたと思います。準決勝は僕も鈴木謙二さんも、暗黙の了解と言うか強い佐々木君相手にお互いにやることはやったけど、相手が強かったと言う事ですから。今回走って良い手応えを掴めたのは間違いありません。

08R A級特別選抜 安藤直希選手 京都 7着

せっかく小坂さんや小室さんに付いて頂いたのに申し訳ないです。奈良で復帰して、今回で二場所走ったけど、やっぱり全然良い時の感じで踏めてないですね。本来なら準決勝みたいなレースのときは結構粘れていたし、まして大洞さんがあんなに仕事してくれていましたからね。それでも残れていないのは、力が落ちているということ。ちょっと時間がかかってしまうかもしれないけど、何とかして戻していきたいですね。