開催展望

FⅠ平塚法人会杯開催展望

FⅠ平塚法人会杯展望

 オールスターに参加できなかった選手が集う。それでも個性的な選手がそろい見応えは十分にある。加えて個々の力差はなく、誰が優勝しても不思議でないシリーズだ。実績なら稲村成浩だろう。関東スジで河村雅章とタッグを組む。河村のスピードは誰もが認めるところだが、レース運びにやや淡泊なところがある。地元の嶋津拓弥には武田憲祐が続く。GⅢクラスでも予選では人気になり、準決でも好勝負を演じられるまでに成長した嶋津。武田のガードを信じて主導権奪取に燃える。武田は勝ちみに遅い面は否めないが、安定した結果を残している。嶋津の仕掛が全ての鍵を握ると言ってもいいだろう。競走特選が1番高い中野だが、玉野準決で落車。小松島を欠場した。けがの具合にもよるが、参加してくれば紛れもなく優勝候補に名が揚がる。自力が基本だが、追い込みもこなせる器用な一面も持ち合わせている。平塚での実績ある吉村和之や2班ながら点数上位の石川裕二もV戦線に絡んできそうだ。
開催情報解説者予想選手コメント