開催展望

FⅡ 富士通フロンテックカップ

派手な選手は見当たらないが玄人好みの選手が集結した。総合力で優位にたっているのは東北勢だろう。先行を主体にどんな展開にも対応できる赤塚悠人を先頭に小笠原昭太、佐々木健司の青森勢がガードに回る。南関勢は参加選手で一番競走得点が高い菅原裕太に期待がかかる。以前はレース運びに迷いがあり伸び悩んでいたが、最近は吹っ切れたような果敢な競走スタイルで戦っている。菅原にマークするのは地元の三住博昭。年齢的な衰えは隠せないが、底力は誰もが認めるところ。地元戦とあって、いつも以上に気合が入っている。関東勢に目を移せば、今泉薫の充実ぶりが目につく。まくりのイメージが強かったのは昔の話。前を取って押さえられてもすぐに巻き返していく積極性が増した。早川成矢の機動力も侮れず、争覇圏内だ。
開催情報解説者予想選手コメント