開催展望

FⅡ湘南ゴールドエナジー杯展望

FⅡ湘南ゴールドエナジー杯開催展望

関東勢と南関勢の争いになりそうだ。東北勢は駒不足で苦戦は避けられない。関東の中心となるのは松田優一。競走得点は95点を超え、参加メンバー中断トツだ。先行は影を潜めたが、まくりは強烈。上手く立ち回り中団をキープ。別線の動きを視野に入れながらまくる。マークするのは同県の小室貴広。塚本勝士が勝ち上がってきた場合は塚本を使うのか、松田が自ら組み立てるのか流動的だろう。対する南関勢は力をつけた大関祐也のデキがカギを握る。大関が持ち前のスピードを生かして先制する流れに持ち込めれば野村純宏にチャンスが訪れる。
 ガールズは混戦模様。競走得点最上位は小林莉子だが、自分でレースを組み立てるタイプではなく、いい位置を取っての追い込み勝負。あくまでも位置次第になるが、平塚は得意バンクとしている点は強みだろう。吉村早耶香が先行してどこまで粘れるか。実績ある中村由香里、田中まい、奈良岡彩子も争覇圏。
開催情報解説者予想選手コメント